受付:平日・土曜日9:00~18:00 日曜日・祝日10:00~18:00

06-6492-1200

無料査定はこちらから

尼崎市での不動産売却・不動産買取|尼崎市不動産売却・買取センター > 株式会社大阪住宅のスタッフブログ記事一覧 > 不動産買取とは?「仲介」との違いやメリット・デメリットを解説

不動産買取とは?「仲介」との違いやメリット・デメリットを解説

カテゴリ:買取 売却

不動産買取とは?「仲介」との違いやメリット・デメリットを解説

一般的な不動産売却では、売主が売却したい不動産を売り物件として公開し、それを買いたいという買手を見つけます。
どれだけ早くに買手が見つかるかは、物件のロケーションや魅力、状態などにくわえて、仲介に入る不動産業者がどれだけ積極的に紹介してくれるかによっても異なります。
売りだしてすぐに買手が見つかる不動産はもちろんありますが、なかにはなかなか買手が見つからない物件もあります。
そのような場合にぜひ検討したいのが、不動産買取という売却方法です。
不動産業者が仲介に入る売却方法とは異なる不動産買取は、どんな特徴があり、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産買取とは?

不動産買取とは?

不動産買取とは、売却したい不動産を不動産業者が買い取るという方法です。
一般的な売却では、不動産業者が仲介に入り買手を見つけるためのお手伝いや、売買契約の手続をサポートします。
不動産業者が売手から物件を買い取って、自身で買い手を見つけるということはありません。
しかし不動産買取では、売手は買手を探す必要がなく、不動産業者に買い取ってもらうことができます。
買手を探す必要がないので、売却できるまでにどのぐらいの期間がかかるのかを心配する必要はありませんし、売れるかどうかという点で不安を抱える必要もありません。
不動産買取には、いくつかの種類があります。
1つ目は、買取保証というものです。
これは、一定期間売りに出しても不動産が売れない場合には、不動産業者が買い取るというものです。
最初の3か月間は、買手を見つけるための期間となることが多く、この期間に買手が見つかれば、不動産業者の買取価格よりも高値で売却できるというメリットがあります。
しかも、一定期間を過ぎても売却できなければ、最終的に不動産業者が買い取るため、売主にとっては大きな安心感を得られるのではないでしょうか。
2つ目は、即時買取というものです。
これは、買取保証のように一定期間マーケットに売り物件として出すのではなく、そうした売却マーケティングをおこなわずに不動産業者が買い取るという方法です。
すぐに売却できるという安心感があるものの、買取価格は買取保証よりも若干安くなってしまいます。

不動産買取のメリット

不動産買取のメリット

不動産買取には、たくさんのメリットがあります。
まず1つ目は、短期間で売却できるという点です。
一般的な売却では、買手が見つからなければずっと物件は売りに出されたままとなり、最悪の場合には値下げをしても買い手が見つからないというケースもあります。
しかし不動産買取なら、確実に物件を売却できるという安心感があります。
リスクを回避できるという点は、不動産買取の最大のメリットです。
2つ目は、契約不適合責任が免除されることです。
不適合責任というのは、不動産の状態が契約内容に適合しない場合に売主が負う補償責任です。
不具合や修理が必要な個所を、売主が買主に告知したり説明することなく売却してしまった場合に、この契約不適合責任が発生します。
不動産買取では、売主にはこの責任がありません。
3つ目は、近所に知られずに不動産を売却できるという点があります。
一般的な売却だと、チラシを配ったりネットに広告を出すなど、買手を見つけるための宣伝活動をしなければいけません。
しかし不動産買取では、不動産業者が買い取るため、そうしたマーケティング活動は不要です。
4つ目は、資金計画やスケジュール管理がしやすくなることです。
時間をかけることなく速やかに売却できるので、転居する日程に合わせてスムーズに不動産を売却したい方や、資金管理で見通しが立たないのは嫌だという方にとっては、おすすめの売却方法です。
5つ目は、内覧をする必要がないという点です。
一般的な売却では、物件に興味を持ってくれた候補者から内見のリクエストがあれば、応じなければいけません。
内覧することなく高価な不動産を購入するという方はいないからです。
内覧の前には、家の中を片付けなければいけませんし、自宅を少しでも魅力的に見せるために掃除なども必要となるでしょう。
生活しながらいつでも内覧できる状態を維持するということは、家族構成やライフスタイルによっては簡単ではありません。
しかし不動産買取なら内覧がないので、転居する日まで気兼ねなく過ごせます。

不動産買取のデメリット

不動産買取のデメリット

確実に不動産を売却したい方にとっては、たくさんの魅力がある不動産買取ですが、デメリットもいくつかあります。
デメリットをきちんと理解することによって、不動産買取が自分に適しているかどうかを判断しやすくなるのではないでしょうか。
1つ目のデメリットは、売却価格がどうしても一般売却よりも低くなってしまうという点です。
どのぐらい安くなるかはケースバイケースですが、目安としては市場価格よりも1割から3割程度は低い価格での買取となってしまいます。
多くの場合、不動産買取をした物件は、不動産業者がリフォームしたりリノベーションをしたうえで、市場へ売りに出すことになります。
再販するために不動産業者にコストがかかるため、買取価格は低めの設定となっているわけです。
もしも、住宅ローンの残債が多く残っていて、一定価格以上で売却できなければ困るという場合には、不動産買取はあまりおすすめできません。
2つ目は、すべての不動産業者が不動産買取をおこなっているわけではなく、断られるケースもあるという点です。
買い取った物件をリノベーションしたうえで、再販して利益が出ることが大前提となります。
そのため、リノベーションしても再販が難しそうな物件や、古くて修理が必要な個所が多く、不動産買取では割に合わないと判断した場合には、買取を断られてしまうことが多いです。
それでは、不動産買取はどんな方におすすめなのでしょうか。
まず、1か月から2か月ぐらいの短期間で速やかに不動産を売却したいという方なら、買取価格が少し低めでも、確実に売却できる買取がおすすめです。
また、一般売却で1年以上売りに出しているのに買い手がつかないという場合にも、不動産買取を利用することによって、確実に不動産を売却できます。
また、古くて買手がつかない家の場合には、家を解体して更地にしたうえで売却したほうが良いというケースもあります。
しかし、解体にも費用がかかりますから、その費用を捻出することが難しいこともあります。
そのような場合には、市場価格より安くても不動産業者が買い取ってくれるほうが、売主にとってはリーズナブルではないでしょうか。

まとめ

不動産買取は、不動産業者が物件を買い取るというタイプの売却方法です。
売手にとっては買手を見つける必要がなく、確実に売却できるという安心感があります。
ただし、不動産業者は物件を買い取ったあとにリフォームをしたうえで再販し、利益を出さなければいけません。
そのため、すべての不動産業者が買取をおこなっているわけではなく、どんな不動産でも不動産買取が適用されるわけではないという点は理解しておきましょう。
不動産買取は、今すぐに不動産を現金化したい方や、解体費用をかけずに不動産を手放したいという方におすすめです。
また、一般売却では買手が見つからなかった方も、不動産買取を検討すると良いでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|尼崎市塚口周辺の遊び場3選をご紹介!   記事一覧   海外在住者だったら?不動産売却はできるの?|次へ ≫

トップへ戻る

㍿大阪住宅

〒661-0977  兵庫県尼崎市久々知1丁目5番7号

TEL.06-6492-1200

営業時間:平日・土曜日9:00~18:00 日曜日・祝日10:00~18:00

定休日:・毎週水曜日・お盆・ゴールデンウイーク・年末年始 

Copyright(c) 株式会社大阪住宅 All Rights Reserved. 

来店予約