受付:平日・土曜日9:00~18:00 日曜日・祝日10:00~18:00

06-6492-1200

無料査定はこちらから

尼崎市での不動産売却・不動産買取|尼崎市不動産売却・買取センター > 株式会社大阪住宅のスタッフブログ記事一覧 > 家を売却したい!必要な書類と意味を解説

家を売却したい!必要な書類と意味を解説

カテゴリ:買取 売却

家を売却する際、スムーズに取引を進めるためには必要な書類を事前に準備しておくことが重要です。

適切な書類が揃っていないと、売却プロセスが遅れるだけでなく、時には取引自体が成立しないこともあります。

本記事では、不動産の売買契約を行う上で必要となる主な書類について解説します。

これから家を売る予定の方は、ぜひ参考にしてください。


お問い合わせ

不動産売買契約で必要な書類とは?


不動産売買契約をする際にはいくつか必要な書類をそろえる必要があります。

こちらではどのような書類が必要なのかや、ひとつひとつの書類の意味について解説します。

●登記済証(権利証)または登記識別情報

不動産を売却する際に最も重要な書類の一つが登記済証、いわゆる権利証です。

この書類は、不動産の所有権が売主にあることを証明する公的な証明書です。

権利証がない場合は、登記識別情報を用いて登記簿謄本を取得することになります。

●土地の確定測量図

土地を売却する場合、その土地の正確な境界を示す確定測量図が必要です。


この測量図は、土地の形状や面積、境界の位置を正確に示すため、後のトラブルを防ぐためにも重要な書類となります。

●本人確認書類

取引の際には、売主の身元を確認するための書類が必要です。

通常、運転免許証やパスポートなどの公的な身分証明書が用いられます。

●物件の間取り図・パンフレット

物件の魅力を購入希望者に伝えるため、間取り図や物件のパンフレットがあると有効です。

これにより、物件の特徴や設備状況を具体的に示すことができます。

●確認申請書、確認済証、検査済証

建物が法令に基づいて適切に建築されたことを証明する書類です。

これらの証明書は、建物の法令遵守を証明し、安心して購入できることをアピールするために重要です。

●耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書

特に古い建物を売却する際には、耐震診断報告書やアスベスト使用調査報告書が求められることがあります

これらの報告書は、物件の安全性を証明するために有効です。

●付帯設備表および告知書

付帯設備表は、物件にどのような設備が備えられているかを詳細に記載した書類です。

告知書では、物件に関する重要な事項(過去の修繕歴や法的な問題など)を明記します。

これにより、後々のトラブルを避けることが可能となります。


家を売却する際には必要書類を必ずそろえよう!


家を売却する際には、これらの書類を事前に準備することが大切です。

必要な書類がすべて揃っていれば、売却プロセスがスムーズに進み、双方にとって安心して取引を進めることができます。

書類の準備に不安がある場合は、不動産会社や専門家に相談し、適切なサポートを受けることをお勧めします。




私たち株式会社大阪住宅では、不動産についてのご相談を承っております。
尼崎市にお住まいの方で、不動産についてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください!



“お問い合わせ”
≪ 前へ|不動産売却の節税対策に「ふるさと納税」がおすすめな理由   記事一覧

トップへ戻る

㍿大阪住宅

〒661-0977  兵庫県尼崎市久々知1丁目5-7

TEL.06-6492-1200

営業時間:平日・土曜日9:00~18:00 日曜日・祝日10:00~18:00

定休日:・毎週水曜日・お盆・ゴールデンウイーク・年末年始 

Copyright(c) 株式会社大阪住宅 All Rights Reserved. 

来店予約